英語論文・レポート・メールの書き方 - 使える英語表現・フレーズ集 -

社内報告書や技術論文,Eメールなどで使える便利な英語表現・熟語,書き方や作法を書き留めていくブログ

目次

【スポンサーサイト】

 

レポート・論文の本文中で使える表現

 

【スポンサーサイト】

論文独特の表現

メール独特の表現

ビジネスの現場で使う表現

同じニュアンスの表現の使い分け

英文作成のための参考書

筆者が実践している英語の勉強法・教材・アプリ

筆者の体験談

 

unless の使い方:ただし~である場合を除いて、もし~でなければ、~でない限り

論文やレポートでよく見かける「Unless」から始まる文章。これを使いこなせると "英語らしい英語" が書けるようになってくると思います。本気時では、そのunlessの使い方を例文を使って紹介します。まず、unlessの意味は以下の通りです。

  • unless 
    ただし~である場合を除いて、もし~でなければ、~でない限り

以下にunlessを使った例文を紹介します。

 

【スポンサーサイト】

続きを読む

account for:~の原因となる,~の責任を負う

account for といえば「~の割合(%など)を占める」や「~を構成する」という意味が最初に思い浮かぶ方が多いのではないでしょうか?実際、私も account for を本ブログで紹介したときは上に書いた意味での使い方の説明をしました。

blog012.ooenoohji.comしかし、account for には他にも「~の原因となる」や「~の責任を負う」という意味もあります。本記事ではその意味での使い方を説明しようと思います。

  • account for 
    ~の原因となる、~の責任を負う

以下、例文をもって使い方を説明したいと思います。

 

【スポンサーサイト】

続きを読む