英語論文・レポート・メールの書き方 - 使える英語表現・フレーズ集 -

社内報告書や技術論文,Eメールなどで使える便利な英語表現・熟語,書き方や作法を書き留めていくブログ

目次

【スポンサーサイト】

 

レポート・論文の本文中で使える表現

 

【スポンサーサイト】

論文独特の表現

メール独特の表現

ビジネスの現場で使う表現

同じニュアンスの表現の使い分け

英文作成のための参考書

筆者が実践している英語の勉強法・教材・アプリ

筆者の体験談

 

evenを使った「~にもかかわらず」を意味する英語表現【even through/as/so】

「~にもかかわらず」という表現が必須であることは誰しもが納得すると思います。英語においても当然そうです。仕事や友達とのやりとりで何度か会話を往復しているとかならずと言っていいほど使いたくなります。そこで本記事では、「~にも関わらず」という英語表現を紹介します。本記事では特に、「even」を使った表現に絞っています。というのも、この「even」という単語を使いこなすことで中級→上級へとステップアップできると考えているからです。

それではまず「evenを使った"~にも関わらず"」という英語表現を紹介します

  • even though, even as, even so 
    ~にも関わらず

次に例文を用いて、使い方を見ていきましょう。

 

【スポンサーサイト】

続きを読む

英語での「締切が迫っている」、「日程的に厳しい」の言い方

仕事でのやり取りの中で「締め切りが迫っているので早くしてほしい」と催促したり、相手の提案に対して「日程的に厳しいなぁ」といった表現は良く使うと思います。

それを英語で言うことができますか?

締切は deadline、日程は schedule でいいと思うんだけど、「迫っている」とか「厳しい」とか何て言うんだろ・・・という方が多いのではないのでしょうか?私もその一人です(笑)

そこで本記事では「締切が迫っている」、「日程的に厳しい」の英語での言い方を紹介します。調べてみるといろいろな言い方があるのですが、まずわかりやすいものを挙げると以下のようなものがあります。

  • deadline is looming 
    締切が迫っている

  • schedule is quite tight
    日程的にはかなり厳しい

以下、これらを使った例文や他の表現も紹介します。

 

【スポンサーサイト】

続きを読む