英語論文・レポート・メールの書き方 - 使える英語表現・フレーズ集 -

社内報告書や技術論文,Eメールなどで使える便利な英語表現・熟語,書き方や作法を書き留めていくブログ

スキマ時間に1 clickでネイティブとオンライン英会話・Cambly(キャンブリー)【使い方・料金・比較】

本記事では、私が現在使っているオンライン英会話サービス・Cambly(キャンブリー)を紹介します。

www.cambly.com

 

私は今まで、他のオンライン英会話を使っていましたが、去年、このCamblyに変更しました。その理由は以下の通り

  • スキマ時間にワンクリックで英会話がスタートできる
  • ネイティブと話せる

 

以下、もう少し細かく説明していきたいと思います。

 

予約不要、スキマ時間にワンクリックで英会話スタート

私がCamblyを選んだ一つの大きな理由が、この「予約不要、スキマ時間にワンクリックで会話スタート可能」です。

どういうことかと言うと、「今すこし時間あるな〜」と思った次の瞬間から、すぐに英会話がスタートできるということです。

 

具体的にはスマホでCamblyのアプリを開き、ボタンを押すと、早ければ10秒以内くに英会話がスタートできます。


f:id:ooenoohji:20200423233653j:image

これはアプリの画面です。赤いボタンを押せば、そのとき会話可能なチューターが自動で選ばれて、すぐに「Hello」と会話することができます。

 

このスピード感がマジで便利です。私は会社の行き帰りとたまにお昼に、歩いて会社と家を移動するのですが、その時間を英会話に充てています。まさにスキマ時間の活用!!

 

以前利用していたレアジョブもとても良いサービスだったのですが、予約が必要なことがネックになっていました(例えば、今日の夜10時〜などと事前に予約しておかなければならない)。

しかし、このCamblyは予約無しで、ワンクリックした数秒後に英会話がスタートできます。

会社の行き帰りは日によって時間が異なります。つまり予約が難しいです。しかしCamblyならどのタイミングでも英会話が開始できます。(先生や時間を指定することもできます。つまりレアジョブ英会話 やDMM英会話と同じような使い方もできます)

 

スマホ対応しているところもスキマ時間活用には大事な点です。先にも述べた通り、私は会社の行き帰りで利用しているので、つまり外で英会話していますスマホなら外での使用が可能です。歩きながら英会話できるのは体も頭も動かせて、一石二鳥。

【スポンサーサイト】

 

 

ネイティブと話せる

Camblyを選んだ第二の理由は「ネイティブと会話できる」ことです。

以前使っていたレアジョブ英会話 は価格は安いのですが、先生はフィリピン人が中心です。フィリピン人の先生の中でも発音が良い方はたくさんいます。なので、英会話を始めた最初のうちは特に気になりませんでした。

しかし、私自身の仕事でネイティブと話す機会が増えた時にネイティブの発音が聞き取れないことに気づきました。

今までレアジョブで300回以上レッスンを重ねてきたのに、ネイティブの英語がわからない・・・壁にぶつかった瞬間でした(笑)

そんな経験があったので、Camblyに変更してみました。

Camblyの先生は全員ネイティブなので、私は特にアメリカ人を選んで本場の英語に触れています。

 

f:id:ooenoohji:20200424002405j:plain

Camblyの講師選択画面

Camblyでは上のように、すぐに英会話レッスンができる講師が一覧表示され、リアルタイムに更新されます。英語ネイティブとは言え、地域によってアクセントが違うので、上のように国籍などの情報を元に、自分の好みの先生を選んで話すことができます。 

ある程度、英語のレベルが上がって来ると必ず「ネイティブとの会話練習」が必要だと感じると思います。

私自身、仕事で英語を使っていますが、ネイティブと話すときとノンネイティブと話すときとでは緊張感が違います。Camblyでネイティブの英語で耳を鳴らしておくことは本当に効果があると思います。

また、英語初心者の方にも、早いうちからネイティブに慣れておくことが大事だと考えます。英語の練習はマネをするところからなので、どうせマネするならネイティブのマネをしたほうがいいですよね。

 

↓↓↓ 気になった方は、まずは無料体験レッスンから! ↓↓↓

 

教材が充実している

これはCambly登録時には知らなかったのですが、Camblyにはオンライン教材が用意してあり、それを使ってレッスンを受けることができます。

f:id:ooenoohji:20200424003630j:plain

Camblyのオンライン教材

昨今のオンライン英会話は毎日会話できるのがウリになってますが、毎日会話するとネタが尽きてきます(体験談)。それゆえ、このようなオンライン教材を使うことをおすすめします。とても良い教材なので学習効果も見込めます。

 

ちなみに教材に関しては、個人的にはレアジョブ英会話 で使っていたオンライン教材「Dialy News Article」の方が好きです。

これは時事ネタを扱えるだけでなく、音声読み上げが付いているので発音も学びたいときにとても便利です。退会した今でも使っている教材なので(無料提供している!)、興味のある方は是非利用してみてください。

 

blog012.ooenoohji.com

 

過去のレッスン動画が視聴可能!復習に便利!

この機能も本当に便利です、過去の自分のレッスン動画を見ることができます。

ちょっと恥ずかしいですが、自分が話しているところを客観的に聞くと、本当に弱点やクセが見えてきます。これは他の英会話サービスにない最強の機能です。

YouTubeで英会話習得について語っているGACKTさんも、英語の練習をしているときは鏡をもってきて、自分の口を見ろと言っていました。Camblyでは過去のレッスンが音声だけでなくビデオも保存されているので、自分の口の形も確認することができます。

 

料金はやや高め

他の代表的な(フィリピン人などのネイティブではない講師による)オンライン英会話サービスのレアジョブやDMMが月々6000円程度で毎日25分のレッスンを提供していることを考えると、Camblyはやや高いです。具体的には、例えば週に3回、30分のレッスンを受けると1万2000円程度(複数月のサブスクリプションを行うと安くなります)です。まぁ、これは上に書いたワンクリックで英会話できることや、ネイティブと会話できることによる付加価値と考えるべきでしょう。実際、DMM英会話はネイティブと話せるコースが存在しますが、月額1万5000円になります。

 

まずは無料体験レッスンから

上に書いた通り、値段はフィリピン人などのネイティブではない講師による英会話サービスよりも若干高いですが、それだけネイティブと話すことには価値があります。私も仕事で、ネイティブとの会話に慣れていなかったために相当苦労しました。

ですので、是非Camblyを試してみてください。無料体験レッスンができるので、まずはそれを試してみましょう。

 

↓↓↓ 以下のリンクから無料体験レッスンを申し込めます ↓↓↓

 

まとめ

本記事ではオンライン英会話・Camblyを紹介しました。まとめると、Camblyのメリットは以下の通りです。

  • 予約不要でスキマ時間にワンクリックで英会話スタート
  • ネイティブと会話ができる
  • 充実したオンライン教材
  • 過去のレッスン動画が視聴できる復習機能

 

他のサービスから劣るところは、やや値段が高いところでしょうか?しかし、私は実際に使ってみて、非常に満足しています。特に、予約不要な点とネイティブと会話できる点はわたしの望んでいたもの、そのものだったからです。

 

興味のある方は是非、上のリンク先から、まずは無料体験レッスンを受けてみてください。