英語論文・レポート・メールの書き方 - 使える英語表現・フレーズ集 -

社内報告書や技術論文,Eメールなどで使える便利な英語表現・熟語,書き方や作法を書き留めていくブログ

「悪条件」や「異議申立て」などを表現する英語『adverse』

ビジネスシーンで必ず使う「悪条件」や「異議」といった意味を表現するadverseを本記事では紹介します。例文等を用いた実際に使い方を紹介するのでお付き合いください。

  • adverse 
    反対する、敵意を持つ、不利な、逆の

以下、adverseの使い方を紹介します

adverseを用いた英語表現

まずはadverseを含む例文を紹介します。

[例文1]

My friend overcame adverse condition, then he won the match!
私の友人は悪条件に打ち勝ち、ついに試合に勝った

[例文2]

This new drag may include adverse health effect.
この新しい薬は有害な健康への影響を含んでいるかもしれない

その他、adverseを用いた英語表現
  • adverse budget = 赤字予算
  • adverse claim = 異議申し立て
  • adverse condition = 悪条件
  • adverse influence = 悪影響
  • adverse impression = 悪い印象
  • adverse legacy = 負の遺産

 

【スポンサーサイト】

Twitterでも英語表現を発信しています

ツイッター(@eng_paper_repo)でも日々、英語表現をつぶやいています。仕事でレポートや論文を書く際に調べた英語表現を発信しているので、興味のある方は是非フォローをお願いします。

まとめ

ビジネスシーンでよく使う「悪条件」、「悪い印象」、「悪影響」といった表現で使われる『adverse』。かなり頻出単語ですので必ず覚えましょう。