英語論文・レポート・メールの書き方 - 使える英語表現・フレーズ集 -

社内報告書や技術論文,Eメールなどで使える便利な英語表現・熟語,書き方や作法を書き留めていくブログ

メール

「もはや~でない」の英語表現:no longer の使い方・意味

「もはや〜ではない」の英語表現:no longer 本記事では少し話が込み入ったときに使いたくなる英語表現「no longer = もはや~ではない」を紹介します。この表現は論文はもちろん、会話やメールでも使える便利な表現です。使い方も簡単なので是非覚えてくだ…

【英文メール】「時間帯」の英語表現:都合の良し悪しの聞き方・答え方

本記事では、予定を調整する際などによく用いる「時間帯」という意味の英語表現を紹介します。相手との予定調整する際に、例えば「都合の良い時間帯を教えていただけますでしょうか?」という質問をしますよね、そのような文で使える表現です。 代表的な「時…

英文メールの「書き出し・締め(結び)」の書き方【ビジネス英語】

英文メール「拝啓・敬具」の書き方 近年のグローバル化に伴い、仕事で英語のメールを書くようになった人は多いのではないでしょうか?そのメールの中で必ず書く「書き出し・結び(締め)」の英語表現、背景・敬具みたいなものです。慣れていない人にはどの単…

「〜するはずである、〜することになっている」の英語表現:supposed to 〜【使い方】

「〜するはずだった、〜することになっている」の英語表現 本記事は頻出表現「supposed to」の意味や使い方を紹介しようと思います。論文やレポート、メールで本当によく見る表現ですし、意味を知れば使いたくなるのは間違いありません。 supposed to= 〜す…

「可能な限り」の英語表現:wherever possible【使い方】

ビジネスシーンやレポートに置いて頻出表現「可能な限り」を意味する英語表現を紹介します。同じ意味の英語表現はいくつかあるのですが、今回紹介するのは以下のものです。 wherever possible 可能な限り 以下、例文や類似表現を紹介します。 「wherever pos…

evenを用いた「~にも関わらず」の英語表現【even through/as/so】

"even"を用いた「〜にも関わらず」の英語表現 どんな文章作成においても「~にも関わらず」という表現が必須であることは誰しもが納得すると思います。英語においても当然そうです。仕事や友達とのやりとりで何度か会話を往復しているとかならずと言っていい…

英語での「締切が迫っている」、「日程的に厳しい」の言い方

「日程が迫っている、日程的に厳しい」の英語表現 仕事でのやり取りの中で「締め切りが迫っているので早くしてほしい」と催促したり、相手の提案に対して「日程的に厳しいなぁ」といった表現は良く使うと思います。 それを英語で言うことができますか? 締切…

「その時までに、それまでに」の英語表現 とその使い方: by then, 他

本記事では「その時までに」、「それまでに」を意味する英語表現とその使い方(例文)を紹介します。基本的な表現ですが、「by ・・・ なんだろう?」と意外に出てこないだと思います。良く使う表現ですので以下に例文を用いて使い方をまとめたいと思います…

「その時には、あの頃は、当時は」の英語表現:at that time

本記事では(論文やレポートにも用いることができますが)メールや会話でよく使う「その時には、あのころは、当時は」を意味する英語表現を紹介します。 at that time その時には、あの頃は、当時は 以下に例文と類似表現を示します。 at that time その時に…

英語で「とりあえず」って何て言うの?【Eメール】【英会話】

タイトルの通り、英語で「とりあえず」って何ていうかわかりますか?日本語の会話ではたくさん使われる「とりあえず」という言葉、英語で会話するときやメールするときにも使いたいですよね? 本記事では、論文やレポートで使う英語表現から少し離れますが、…

rule of thumb : 「経験的な、大ざっぱな」の英語表現【意味・使い方】

本記事では「経験的な、大ざっぱな」という意味の英語表現・rule of thumb を紹介します。定量的な表現ではないですが、意外と論文やレポートで使われます。また、メールなどやや砕けたコンテキストでは非常に重宝される表現です rule of thumb 経験的な、大…

【英語メール】「よろしくお伝えください」の言い方

「よろしくお伝えください」の英語表現 メールを書くとき、私はよく「~によろしくお伝えください」という表現を文末に使います。私はこの表現は日本特有のものだと勝手に思っていたのですが、英語のメールでもこの表現が使われることを知りました。そこで本…

a.k.a ってどういう意味?何の略?

英語の文章を読んでいるとたまに見かける「a.k.a (A.K.A)」、みなさんはこれがどういう意味かご存知ですか?私は知らなかったため、ググってしまいました(笑)。 a.k.aとは「also known as」の略で、「別名、またの名を」という意味らしいです。 a.k.a= als…

What's going on ってどういう意味?どう使うの?

英語で会話していると良く聞こえてくる「What's going on」という表現。いろいろな場面で使われていて、いまいちニュアンスを把握できずにいたので、どういう意味を持つのか、どうやって使うのかを調べてみました。 what's going on使い方:どうしたのか、何…

align with: ~と協調する、手を組む、一致・合致する

ビジネスシーンにおいて、ある意見について「協調する」ことや、だれかと「手を組む」ことが多く起きることは容易に想像できるはずです。当然、書面(論文やレポート、プレゼン資料)でもそういった内容を記載する機会があります。本記事では、その「~と協…

【メール】at the latest = どんなに遅くても【ビジネス】

先日、会社で以下のようなメールをもらいました。 This document will need to be submitted by Jan. 15 at the latest.この書類はどんなに遅くても1月15日までに提出される必要があります 「latest」を見ると(私が研究職だからか)「最新の」って意味?…

strive to = ~することを目指す、~するように努力する、懸命に・必死で~する

本記事のタイトルからわかるように、「~することを目指す、~するように努力する、懸命に・必死で~する」を意味する英語表現を紹介する。意味を読んでわかるように、使う機会が多い表現なので是非覚えましょう strive to ~することを目指す、~するように…

【英文メール】相手の都合を聞くときの英語表現

英文メール・相手の都合の聞き方 Eメールでアポイントを取りたいとき、相手の都合を聞かなければなりません。本記事ではその時に使える英語表現を紹介したいと思います。代表的な例としては以下のようなものがあります。 Do you have time this week? 今週お…

【英語Eメール】 「年始の挨拶」表現集 【ビジネス】【Happy New Year 以外】

英文メール「年始の挨拶」フレーズ集 あけましておめでとうございます,今年も本ブログをどうぞよろしくお願い致します.今年はもう少し更新頻度を上げていきたいと思いますので,購読していただけたら幸いです. さて,年始ということで,ビジネスシーンで…

【英語】ボキャブラリ・文法よりも『ロジカルに話すこと』が大事?【落合陽一】

私が海外で働いてみて思ったこと,それは, 単語力(ボキャブラリ)よりも文法よりも『ロジカルに話すこと』が大事 だということ.当然,単語力・文法知識ゼロでは何も言えませんが,例えば同じ単語力・文法知識でもロジカルに話せるか否かで伝わり方が数倍…

「しばらくの間,当面は,差し当たり」の英語表現:for the time being

計画等の話し合いをしているときなど「当面は本プロジェクトを見送ったほうがいいな」とか「しばらくの間,この計画はペンディングしておこう」といった,曖昧だけど少し長い期間を指す『しばらくの間,当面は,差し当たり』という表現をよく使うと思います…

約束・予定をキャンセルするときの英語表現【英文メール】

約束・予定をキャンセルするときの英語表現 仕事でも友達との会話でも,急用が入ってしまい予定をキャンセルしなければならないときは当然ありますよね.そのときに使う英語表現を紹介します.「ごめんなさい」というお詫びも含めた丁寧な言い方です. I'm s…

未来の予定を話すときの「to come」が使える

論文やメールの中で,来るべき未来(予定 etc)について話すことはよくあると思います.例えばこれから行われるプロジェクトの話題など.その際に使える英語表現を本記事では紹介します to come 未来の,この先に来る どのように使うか,例文として以下で紹…

「以下の,以下の通り」の英語表現とその使い方:following

論文やレポートではもちろん,メールでも使う重要な表現「以下の,以下の通り」について紹介します.以降の文章で出てくる図表を指したり,「~に必要なものは以下の通りです」などと箇条書きする際などにも使えます. following 以下の,以下の通り 以下、…

【英文メール】 お詫びの書き方・英語表現 ~相手によって表現を使い分ける~

英文メールでの「お詫び」の英語表現 今や英語でのメールのやり取りを日常的に行う人も多いはず.そこで大事なのが「お詫び・謝罪」の書き方.仕事にミスはつきもので,問題はその後.その後の関係を両行に保つためにはお詫び・謝罪の表現を間違いなく使いた…

【英文メール】 お礼の書き方~相手によって表現を使い分ける~

仕事の中で,英語でEメールのやりとりをする方は多いはず.そのメールの中でとても重要な,そして頻出の表現といったら「お礼」でしょう.本記事ではお礼の英語表現を紹介します.特に,相手によって(丁寧さのレベルに依って)表現を使い分けられるように,…

【Eメール】 「お願いがあるのですが」の英語表現 【favorを使った表現】

Eメールで何かをお願いをするときに用いる表現を紹介します.メールで,最初に挨拶をして,「ところで,お願いがあるのですが・・・」と切り出すときの表現です. Could you do me a favor ? Could I ask a favor of you ? I have a favor to ask of you. I …

【英語メール】日付,年月の書き方:「on」,「in」,「at」の使い分け

英語での日付の書き方(on, at, in) Eメールで日付をお知らせしたり,予定を話し合ったりする際は,時間の情報が必ず入ります.本記事では日付,年月を書く際に用いる前置詞「on, in, at」の使い分けについて説明します. ざっくり言うと以下の通り. 日付…

【英文メール】適切な書き出し Dear(丁寧)からHi(フレンドリー)まで【使い分け】

英語メールでの「Dear, Hi」の使い分け 本記事は英語Eメールでの冒頭の表現(相手の名前の前に付ける言葉)を紹介しようと思います。使い分けるカテゴリは「丁寧(+通常)」と「フレンドリー」の2種類を設定し、それぞれについて解説したいと思います。 …

【英文メール】適切な結び(結尾敬辞)~丁寧なビジネスメールから友人へのくだけたメールまで~

英語メールでの「best regards, sincerely」の使い分け 英語で書くEメールにおける文末の結語(結尾敬辞)は相手によって使い分けないといけません。本記事では丁寧度合(ビジネス⇔友人)に応じて使い分けられるようにいくつかの結語を紹介します.丁寧度合…