英語論文・レポート・メールの書き方 - 使える英語表現・フレーズ集 -

社内報告書や技術論文,Eメールなどで使える便利な英語表現・熟語,書き方や作法を書き留めていくブログ

メール

【ビジネス英語】「~を優先する」の英語表現とその使い方:give priority to ~【意味】

「〜を優先する」の英語表現 本記事ではビジネスシーンで多用する「~を優先する」という英語表現を紹介します。効率的に仕事を進めるために複数の仕事に対して優先順位を付けることは欠かせませんよね。この表現は英語での会議やプレゼンテーションで本当に…

【英文メール】誘いを断るときの英語表現:「あいにく~,恐れ入りますが~」

誘いを断る時の英語表現 メールのやりとりをしていると,「いついつ参加できますか?」とか「今度飲みに行きませんか?」とか様々なお誘いや出欠確認をされることがあると思います.そのとき,その誘いを断るときに使う表現を紹介します.断り方,重要ですの…

「間に合う」の英語表現:make it (in/on time)

「(時間的に)間に合う」の英語表現 本記事では「間に合う」という英語表現を紹介.仕事では,「~までに資料作成は間に合いますか?」とか「次の会議までに間に合う?」とか,常に締め切りに追われてますよね.そんな仕事場での頻出表現です make it (in/o…

英文メールで「返信が遅くなりすみません」の言い方【使い方・英語表現】

「返信がおそくなりすみません」の英語表現 メールの冒頭でまず,「返信が遅くなってごめんなさい」と書くことよくありませんか?私はとてもたくさんあります(笑)できないビジネスマンですね。。 本記事ではそんなときに使う表現を紹介します。 使い方とし…

「これ(この件)に関して,~について」の英語表現(regard, relate, concern, etc)

「〜に関して、〜について」の英語表現 本記事では、メールや文章を書く際に最も良く使う表現の一つ,「これに関して,この件に関して,~について」の英語表現を紹介します。 まず、この表現は同じ意味でいくつか言い方があるので,最初にまとめて紹介しま…

「~する傾向がある,~しがちな」の英語表現:(形)prone to ~, (動)tend to ~

「〜する傾向がある、〜しがちな」の英語表現 本記事では「~する傾向がある,~しがちな」を意味する英語表現を紹介します.論文・レポート・Eメールはもちろん,日常会話でも使えるので是非覚えましょう。 「~する傾向がある,~しがちな」を意味する英語…

「どちらかと言えば~,むしろ~である」の英語表現:be more of 〜

断言できない状況で「どちらかと言えば・・・」とか「むしろ・・・」といった表現は良く使いますよね.論文やレポートでも複数のものや結果を比べたとき,断言することができず,このような表現を使わなければならないこともあると思います.本記事ではその…

no problem as long as: ~できれば問題ない,~である限り問題ない

私が思うに日本人は「問題ない」という表現をよく使うと思います.特に条件をつけて「~できれば問題ない」,「~ならば問題ない」という表現は頻出だと思います.本記事ではその表現を紹介します no problem as long as ~ ~できれば,~である限り,~な…

「~に関して」の英語表現(regarding, concerning...etc)

「~に関して」という表現は論文でもレポートでも,ビジネス会話の中でも,本当に,本当によく使いますよね.今日はその言い方を紹介します. まず,「~に関して」の英語表現を箇条書きにすると,以下のようになります。

「~を処理する、片付ける、~に取り掛かる」の英語表現:attend to

作業中,または仕事でレポートを書くときなどに「処理をする」という言葉をよく使うと思います.少々曖昧ですが,何かの作業を片付ける,取り掛かるという意味で,非常によく使う,便利な表現です. 私はこの表現を使うとき,「deal with」を多用していまし…

「~と併せて,~と共に,~と同時に 」の英語表現:in conjunction with、along with

「〜と併せて、〜と共に」の英語表現 本記事では「〜と併せて、〜と共に、〜と同時に」を意味する英語表現を紹介します。使われ方としては、例えば、「あるイベントと併せて,隣の会場で別のイベントが開催されます」なんて言いたい時に用いたりします。 ま…

英語メール「気軽に~してくださいね」:feel free to ~

「気軽に〜してください」の英語表現 本記事ではメールでよく使う表現、「気軽に~してくださいね」を紹介します。 (please) feel free to ~ 気軽に~してくださいね 以下、例文と類似表現、ビジネスメールでのマナー等を紹介します。 類似表現:do not hes…

英語のメールで使える表現

グローバル化した現代,仕事現場で英語のメールをやりとりすることも多いはずです.また,仕事以外にも,国際会議にエントリーするときなども英語でメールを書くことが求められます.本記事ではそのようなシーンで使える表現をまとめました.以下のリンクに…

メールで使える表現「遠慮しないで~してくださいね」 don't hesitate to ~

英語でメールのやりとりをしたことがある人は必ずと言っていいほど見たことのある表現だと思います.「遠慮しないで~してくださいね」.これは日本語のメールでもよく使う表現,つまり日本人が(英語のメールでさえ)言いたくなる表現です. don't hesitate…

in the meantime (meanwhile) その間に

実験の手順を説明するとき,複数の状況のタイムラインを説明するときなど,「一方は~,その間に」や「そうこうしているうちに」といった表現は非常に使う機会が多いと思います.私もビジネスメールでこの表現は本当によく使いました in the meantime (meanw…

「元気ですか?」的な英文メールの冒頭の挨拶 :I hope this email finds you well

「元気ですか?」英文メールの冒頭挨拶 英語でメールを書くとき,冒頭の挨拶に何を書くか,悩んだ経験がある方は多いと思います.もちろんたくさんのパターンがあるのですが,本記事で紹介するのは,久しぶりに連絡をとる際に使える表現を紹介します。 I hop…

「期待以上だ」の英語表現:exceed expectation

本記事では、実験結果が予想を超える良いものとなったときに使える「期待以上だ」を意味する英語表現を紹介します。例えばプレゼンテーションにおいて、予想していた売上よりも上回ったときに「期待以上の成果が出ました」などと言うときに使えます。 exceed…

英文メールでの「よろしくお願いします」

「よろしくお願いします」の英語表現 日本語でメールをするとき,決まったように,最後は「よろしくお願いします」を使いますよね.そのせいか,私は英語でメールを書くとき,この「よろしくお願いします」をどのように表現したらいいか,よくGoogle先生に聞…

「~することに何の問題もない」の英語表現:There is no problem with/for A ~ing(to 動詞原型)

本記事では「(Aが~することに)何の問題もない」という表現の紹介します。具体的には、日本人もおなじみの「No problem(ノープロブレム)」を使います。本記事ではさらに、主語「Aさんが」と、「~することに対して」という付加情報の付け方も併せて紹…

「~に応えて、~に対応するため」の英語表現:in response to ~ / responsive to ~

メールでやりとりする際などは特に,「あなたの要望に応えて」,「呼び出しに応えて」など,応える,という表現を多用すると思います.また,論文においても「ある刺激に応えて(反応して)」や「顧客の不満に応えて」など,応えるという言葉は多く出てきま…

in demand 需要がある,人気がある

「~の需要がある」,「~に対する需要が減少している」という表現は,ある状況を伝えるうえで頻出します. in demand 需要がある,人気がある 例文としては, // 【スポンサーサイト】

「必要であれば」の英語表現とその使い方(例文):if needed 他

「必要であれば」の英語表現 「必要な場合は~を行う」、「必要であれば~を変更する」といった表現はビシネスシーンの会話・メールの中や、プレゼンテーション、実験の手順を述べるときなど、どこでも使う英語表現です。本記事ではそのときにつかえる表現を…

【英文メール】「~に関するメールです」の英語表現:I am writing to you in regards to ~

英文メール:「〜に関するメールです」の英語表現 本記事ではメールの冒頭、挨拶の後に使う「本メールは~~に関するメールです」と言うときの表現を紹介します。 早速、英語表現をお見せします。 I am writing to you in regards to ~ ~に関するメールで…

英語メールの文末挨拶「Best regards」と「Sincerely」の違いとそれぞれの意味【使い方】

best regardsとsincerelyの違い メールの最後に挨拶として「Best regards」や「Sincerely」が使われているのを見たことはありませんか?どちらも意味は、日本で言う よろしくお願い致します と思ってもらってよいです。しかし、使い方(使う状況、使う相手)…

leave ~ in your hands ~を君に任せる,~のことをよろしく

レポートや論文の表現ではないかもしれませんが,ビジネスシーンの中で,特にメールを書くときによく使う表現です.マネージメントの重要性が説かれる昨今,この表現は大切ですね. leave ~ in your hands ~を君に任せる,~のことをよろしく 例としては,…

as of ~の使い方:「~現在、~の時点で」の英語表現【意味】

「〜現在、〜の時点で」の使い方 本記事では、「2019年現在、」とか「9月10日の時点で、」といった『~現在、~の時点で』を表現する英語表現を紹介します。論文やレポートで、「現時点でのデータ」であることを強調したいときなどに用いることができ…

「~の観点から、~に関して」の英語表現 in terms of ~ 【使い方・例文】

「〜の観点から、〜に関して」の英語表現 何かを評価するとき,具体的な何かについて意見するとき,「技術的な観点から言わせてもらうと・・・」なんていう場面,多いですよね.そんなときに便利な表現を紹介します。 in terms of ~~の観点から、~に関し…

「上記(前述)のように、先に述べたとおり」の英語表現とその使い方

前回の「as below:以下のように」に続いて、本記事では「上記のように」の表現を紹介します。これもたくさん使う英語表現ですよね。特に論文やレポートにおいて、それまでに説明した内容を参照させる「上記のように」「以下のような」という表現は必須です…

「以下のように,以下のとおり、下記の」の英語表現とその使い方:as below

論文やレポートでは複数のポイントを整理するために「箇条書き」を用いたり、他の文献から引用したものを示すことがあります。そんなときに、「~のポイントは以下のとおり」や「参考文献に以下のような記述があります」という意味で使える『as below』とい…

「~以外、~の他に」の英語表現 other than の使い方【意味】

「〜以外」、「〜の他に」の英語表現 other than 「~以外」や「〜の他に」という表現は論文やレポートはもちろん、日常会話やメールでも頻繁に使いますよね。本記事ではother thanを「~以外」、「〜の他に」の意味で用いた例文と、さらに「〜に加えて(= …