読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

英語論文・レポート・メールの書き方 - 使える英語表現・フレーズ集 -

社内報告書や技術論文,Eメールなどで使える便利な英語表現・熟語,書き方や作法を書き留めていくブログ

会話

for the time being しばらくの間,当面は,差し当たり

計画等の話し合いをしているときなど「当面は本プロジェクトを見送ったほうがいいな」とか「しばらくの間,この計画はペンディングしておこう」といった,曖昧だけど少し長い期間を指す『しばらくの間,当面は,差し当たり』という表現をよく使うと思います…

【Eメール】 お詫びの英語表現 ~相手によって表現を使い分ける~

今や英語でのメールのやり取りを日常的に行う人も多いはず.そこで大事なのが「お詫び・謝罪」の書き方.仕事にミスはつきもので,問題はその後.その後の関係を両行に保つためにはお詫び・謝罪の表現を間違いなく使いたいですね.そこで本記事では「お詫び…

not either どちらも~ない,いずれも~ない

英語初心者の私が,会議中,言いたかったけど言えなかった,これ言えたら表現の幅が広がるのになと思ったものを紹介します.本記事では「どちらも~ない」という表現.絶対学生時代習ったはず・・・でも会話で出てこなかった,苦い思い出の表現です. not ei…

give priority to ~ ~を優先する

本記事ではビジネスシーンで多用する「~を優先する」という英語表現を紹介します.効率的に仕事を進めるために複数の仕事に対して優先順位を付けることは欠かせませんよね.そんなときに使える表現です. give priority to ~ ~を優先する 例文としては, …

make it (in/on time) 間に合う

本記事では「間に合う」という英語表現を紹介.仕事では,「~までに資料作成は間に合いますか?」とか「次の会議までに間に合う?」とか,常に締め切りに追われてますよね.そんな仕事場での頻出表現です make it (in/on time) 間に合う 例文としては, // …

substantially 1. 実質的には,大体は 2. 大幅に,十分に,相当

会話の中で本当によく出てくる「実質的には」という表現を紹介します.私自身,この表現をよく辞書やネットで調べました. substantially 1. 実質的には,大体は 2. 大幅に,十分に,相当 例文としては, // 【スポンサーサイト】

to date 今まで

「今まで~」という表現がいかに重要か,頻出かは説明不要ですね.本記事ではその「今まで~」という表現を紹介します to date 今まで 例文としては, // 【スポンサーサイト】

so far 今のところ,今までところ,現在までに

仕事の進捗を聞かれ,「今のところ上手くいってます」と答えたことはありませんか?会話の途中で理解しているかを聞かれ,「今までのところ理解しています」と答えたことはありませんか? そのときに使う表現を紹介します. so far 今のところ,今までのとこ…

ビジネスシーンでも意外と使う?『睡眠不足』の英語表現

今回はちょっと試行を変えて,『睡眠不足』の英語表現を紹介.というのも,ビジネスシーンでも意外とよく使う表現だと思ったからです.実際,私も,言い訳として(笑)よく使います. 『睡眠不足』の英語表現はたくさんあるのですが,いくつか紹介すると以下…

be more of どちらかと言えば~である,むしろ~である.

断言できない状況で「どちらかと言えば・・・」とか「むしろ・・・」といった表現は良く使いますよね.論文やレポートでも複数のものや結果を比べたとき,断言することができず,このような表現を使わなければならないこともあると思います.本記事ではその…

no problem as long as: ~できれば問題ない,~である限り問題ない

私が思うに日本人は「問題ない」という表現をよく使うと思います.特に条件をつけて「~できれば問題ない」,「~ならば問題ない」という表現は頻出だと思います.本記事ではその表現を紹介します no problem as long as ~ ~できれば,~である限り,~な…

come up with ~ ~を考え出す,思いつく,考え付く

新しい手法や考えなどを「考え出す」という表現を紹介します.科学論文やレポートでは,この「考え出す」や「思いつく」は頻出ですよね.なぜならそういった考え出したもの,思いついたものを文章にするわけですから come up with ~ ~を考え出す,思いつく…

「~に関して」の英語表現(regarding, concerning...etc)

「~に関して」という表現は論文でもレポートでも,ビジネス会話の中でも,本当に,本当によく使いますよね.今日はその言い方を紹介します. まず,「~に関して」の英語表現を箇条書きにすると, // 【スポンサーサイト】

attend to ~ ~を処理する,~を片付ける,~に取り掛かる

作業中,または仕事中に「処理をする」という言葉をよく使うと思います.少々曖昧ですが,何かの作業を片付ける,取り掛かるという意味で,非常によく使う,便利な表現です. 私はこの表現を使うとき,「deal with」を多用していましたが,今回紹介する「att…

(be) familiar with ~ ~に詳しい

専門知識を要する会議の中で,「誰々は~に詳しい」とか,逆に「私は~に詳しくないのでわからないが。。。」などという会話をよくしました.今日はそんなときに使う表現です. (be) familiar with ~ ~に詳しい 例文としては, // 【スポンサーサイト】

「強いて言うなら」の英語表現

英語の論文やレポート,または会話の中でも「強いて言うなら・・・」というニュアンスを伝えたいと思ったことはありませんか?本記事では,その「強いて言うなら・・・」という英語表現を紹介します. この「強いて言うなら・・・」という表現は文脈によって…

メールで使える表現 「気軽に~してくださいね」 (please) feel free to ~

メールでよく使う表現,「気軽に~してくださいね」. (please) feel free to ~ 気軽に~してくださいね 例文としては, // 【スポンサーサイト】

in the meantime (meanwhile) その間に

実験の手順を説明するとき,複数の状況のタイムラインを説明するときなど,「一方は~,その間に」や「そうこうしているうちに」といった表現は非常に使う機会が多いと思います.私もビジネスメールでこの表現は本当によく使いました in the meantime (meanw…

model A after B BをAの手本にする,まねる,モデルにする

従来研究をモデルに新たな装置を考えたり,ある人を真似て自己啓発したり,何かを「モデル(model)」にする機会は多いはずです.論文やレポートでも,紹介する実験方法やアルゴリズムが過去のものをモデルにしているケースはよくあります. model A after B…

There is no problem with A ~ing Aが~することに何の問題もない

「Aが~することに何の問題もない」という表現の紹介.Aが~するという文に対して問題がないと言うので,that+節も考えられますが There is no problem with A ~ing Aが~することに何の問題もない 例文としては, // 【スポンサーサイト】

for each (every), in each (every) ~ ~毎に,~あたり

論文・レポートでも日常会話でも,「~毎に」という表現は多くの場面で使います.例えば,「それぞれの項目毎に」とか「人口1000人あたり(毎に)」とか「いかなる場合においても(それぞれの場合毎に)」とか. for each (every), in each (every) ~ ~毎…

upon -ing ~すると,~するとすぐに

順を追って物事を説明する場合に便利な表現.「~するとすぐに~」といった表現は論文・レポートに限らず,日常会話にも使えます. upon -ing ~すると,~するとすぐに 例文としては, // 【スポンサーサイト】

likely to ~ ~しそうである,~しやすい,~する可能性が高い

予想や不確かだが高い可能性をもつ物・現象を述べるときに使う表現. likely to ~ ~しそうである,~しやすい,~する可能性が高い 例文としては, // 【スポンサーサイト】