英語論文・レポート・メールの書き方 - 使える英語表現・フレーズ集 -

社内報告書や技術論文,Eメールなどで使える便利な英語表現・熟語,書き方や作法を書き留めていくブログ

「もはや~でない」の英語表現:no longer の使い方・意味

no_longer_english

「もはや〜ではない」の英語表現:no longer

本記事では少し話が込み入ったときに使いたくなる英語表現

「no longer = もはや~ではない」

を紹介します。

この表現は論文はもちろん、会話やメールでも使える便利な表現です。使い方も簡単なので是非覚えてください。

  • no longer
    もはや~でない、もう~ない

 

以下、例文を用いて具体的な使い方を紹介していきます。

使い方は難しくないので、以下を見れば簡単に理解できると思います。

 

 

no longer を用いた例文

[例文1]

It is no longer a dream.
それはもはや夢ではない

 

[例文2]

She is no longer able to play the piano
彼女がピアノを弾くことはもうない

 

[例文3]

This product no longer exists.
この製品はもはや存在しない
(他の言い方)
This product is no longer extant.

 

[例文4]

They are no longer friends.
彼らはもう友達ではない

 

いろいろな表現がある「be no longer in ~」

ここで一つ no longer を用いた応用例として「be no longer in ~」を紹介します。

in の後に名詞を置いて様々な表現が可能になります。例えば以下の通り。

  • be no longer in demand = もはや需要がない
  • be no longer in common use = 既に用いられていない
    ( = be no longer in use)
  • be no longer in force = もはや効力がない

 

また、少し「be no longer in」とは違いますが、似ているし、使える表現として、以下も紹介。

  • Be no longer interested in ~ = もはや~に興味がない、興味を示さない

 

【スポンサーサイト】

 

not (do not) の位置に no longer を置く

no longer を置く位置は、否定文でnot(または do not)を置く位置です。つまりnot や do not を置き換えればよいだけです。上の例文や以下の例を見ていただけるとわかりやすいと思います。

[例文5]

This theme is "not" involved in the project
このテーマはプロジェクトに関わっていない

⇒This theme is no longer involved in the project
このテーマはもはやプロジェクトに関わっていない

 

[例文6]

I "don't" know what he thinks
私は彼が考えていることがわからない

⇒I no longer know what he thinks.
私はもはや彼が考えていることがわからない

 

三単現のsを忘れずに

忘れがちなのが no longer の後の三単現の s

以下の例文のように、no longer の後の動詞には三単現のsが付くのでお忘れなく

He no longer wishes to go to United Status.
彼はもはやアメリカに行きたいと思っていない