英語論文・レポート・メールの書き方 - 使える英語表現・フレーズ集 -

社内報告書や技術論文,Eメールなどで使える便利な英語表現・熟語,書き方や作法を書き留めていくブログ

【勉強法】初心者から読める英語ニュースサイトまとめ【おすすめ】

f:id:ooenoohji:20200517180830j:plain

日々の英語学習に最適!ニュースサイト

本記事では初心者から読める、英語ニュースサイトを紹介します。これらは実際に私が日々の英語学習に使っているものです。どれも毎日更新されるニュースサイトなので日々のルーティーンにぴったりです。本記事では実際に私が使ってみて良かったニュースサイトだけを厳選して紹介していきますので、是非参考にしていただけたらと思います。

そしてどれも無料で観覧できますし、登録作業も一切いりません

それでは早速紹介していこうと思います。

ニュースサイトで英語学習する意味

ニュースサイトは日々の英語学習にとても良いと私は思います。なぜなら、専門的なサイトに比べて扱う話題のジャンルが広いため、語彙力(ボキャブラリ)が強化されるからです。テキストを用いた学習では、ジャンルの広さという観点でやはり制限がかかってしまう一方で、毎日更新されるニュースサイトのジャンルは制限なし!無限の広さです。日々の勉強には最適ですね。

また、時事ネタということで、馴染みやすさもメリットと言えます。自分自身、興味を持つ課題であれば、より高いモチベーションで学習できますもんね。

そういう意味で、今回、勉強に役立つニュースサイトを紹介させていただきます。さらに今回は「初心者から」読めるというところに重点を置きました。本記事がみなさんの英語学習に役立てば幸いです。

英語レベルを調整できるニュースサイト「News in Levels」

最初に紹介するのはこちら、「News in Levels」というニュースサイト。

www.newsinlevels.com

英語記述を調整できるLevelボタン

このサイトは何がすごいかというと、「同じ記事において英語のレベルを3段階に調整できる」点です。例えば、以下の記事、画面に青いボタンで「Level 1」、「Level 2」、「Level 3」というボタンが見えると思います。それらがそれぞれ、

  • Level 1 = 初級
  • Level 2 = 中級
  • Level 3 = 上級

を表しており、このボタンを押すと、そのレベルに応じた英語の記述が表示されます。

f:id:ooenoohji:20200517115153j:plain

News in Levelsの英語レベル調整ボタン

それでは、各レベルの英語記述の違いを見ていきましょう。

まずはLevel 1(初級)の書き出しは以下の通り

This news is about the Great Barrier Reef. It is a beautiful place.

A lot of animals live at the reef. It is in Australia. An organisation protects the reef. It decides to make a video. People put a camera on a turtle. The turtle swims in the water. It films a beautiful video.

 簡単な表現を使っているし、一文一文が短いことがわかると思います。

次にLevel 3(上級)を見てみましょう。

The Great Barrier Reef, Australia’s natural heritage, is one of the most beautiful areas on the planet, but pollution and global warming are threatening it.

Australia promised to restore the health of the Great Barrier Reef, establishing a ban on the dumping of dredged material from all capital dredging projects near the reef.

 明らかにレベルが違うことがわかると思います。

こうやって自分に合ったレベルの記述を選ぶことができるので、初心者から上級者まで同じ内容を読むことができます。

読み上げ音声付

記述のレベルを調整できるだけでなく、その記述を読み上げる音声も付いています。同じページにYouTubeが埋め込まれており、そこをクリックすると音声が流れます。英文読解だけでなく、発音も勉強したい人にはとても良いですよね。

News in Levels について詳しく紹介している記事はこちら

以下の記事でNews in Levelsを詳しく紹介しているので、是非ごらんください。

blog012.ooenoohji.com

日本語訳が付いているニュースサイト・DMMデイリーニュース

次に紹介するのがオンライン英会話の大手・DMM英会話が運営しているDMMデイリーニュースです。

https://eikaiwa.dmm.com/app/daily-news

このサイトの売りは以下の通りです。

記事数がとにかく多い

f:id:ooenoohji:20200422180337j:plain

まず記事数が多いこと。一日に何記事も更新されるので、毎日読むにしても自分の好きな記事を選択することができます。

記事毎にレベル分けされている

次に、記事毎にレベル分けがされている点です。上で紹介したNews in Levelsのように、同じ内容の記事でレベルを調整できるわけではありませんが、記事毎に「Intermediate(中級)」や「Advanced(上級)」自分のレベルに合った記事を選ぶことができます。

上のNews in Levelsに比べると初級のニュースが少ない気がします。

日本語訳を表示できる

これが一番の特徴です、日本語訳を表示できる。以下の画像の中の赤丸で囲んだボタンを押すと、日本語訳が表示できるという、初心者には嬉しい機能が付いています。

f:id:ooenoohji:20200517122649j:plain

DMMデイリーニュースの日本語訳表示機能

 この「(日本語)翻訳を表示」をオンにすると、以下のように、英文の下に日本語訳が表れます

f:id:ooenoohji:20200517122848j:plain

DMMデイリーニュースの日本語訳

 便利すぎますね!!これが無料で使えるなんてすごすぎ。

デメリット:英文読み上げ音声は付いていない

表題の通りなのですが、唯一残念なところは読み上げ音声が付いていないところです。これは上で紹介したNews in Levelsにも、この後紹介するレアジョブ英会話のDialy News Articleにも付いている昨日ですが、DMMだけ付いていない。残念。でもそれ以外のメリットは大きいので勉強にはもってこいです。

DMMデイリーニュースについて詳しく紹介している記事はこちら

このDMMデイリーニュースは以下の記事で詳しく説明しているので、興味のある方は是非ご覧ください。

blog012.ooenoohji.com

毎日の日課になるレアジョブのDialy News Article

レアジョブ英会話でもDialy News Articleという毎日更新されるニュースサイトを運営しています。

www.rarejob.com

私は何を隠そう、このDiary News Articleを使ってレアジョブ英会話で300レッスン以上受けて、自分の英語力の向上を実感しました。

英語が苦手だった私が海外で英語を使って働けているのは、レアジョブ英会話および、このDialy News Articleのおかげと言っても過言ではありません。

blog012.ooenoohji.com

毎日1記事更新される

上のニュースサイトと同じですが、毎日更新されるのは日々の英語学習に最高です。しかも話題が多岐におよんでいて、すごく興味が持てます。また、上のサイトと違い、毎日更新されるのは1記事のみです。これは一見デメリットですが、選ぶ時間がもったいない人や選べない人にはメリットになります。実際、私は他のニュースサイトでは記事がたくさんありすぎて選ぶこと自体に時間がかかってしまったり、選ぶことで自分の好みの記事ばかりに偏ってしまう、たとえば私はIT系の記事ばかり読んでしまっていました。しかし、1記事のみの更新により、自分の苦手な分野、あまり詳しくない分野に触れて見識が広がりました。英語学習にプラスして時事ネタにも強くなれました。

読み上げ音声が付いている

これはNews in Levels同様、非常に役に立っています。発音の練習にもなるし、英語のリズムを覚えることができます。これが非常に大事。例えば簡単な英単語だけで文章を作っても、リズム良く話すことができれば上級者に聞こえませんか?英語を学び始めたとき、私はこの点を意識しました。具体的にはこの読み上げ音声に重ねて自分の声を出して読むことで、歌のように英語を覚えようとしました。すると、定番フレーズなどは自然と口から出てくるようになり、効果は大きかったと思っています。

レベルは他の2つに比べるとやや高い?

本記事は初心者から読めるサイトの紹介ということなので、このDialy News Articleは他の2つのニュースサイトに比べるとやや難易度が高い、という点はデメリットになってしまうと思います。実際DMMのサイトは同じレベルですが、日本語訳が付いている分、そちらのほうが初心者には優しいと言えます。

レアジョブ Diary News Articleについて詳しく紹介している記事はこちら

以下、レアジョブ英会話のDiary News Articleについて詳しく紹介しているので、是非ごらんください。

blog012.ooenoohji.com

【重要】オンライン英会話と組み合わせれば効果絶大

本記事で紹介したニュースサイトはオンライン英会話で教材として使うと英語力アップの効果は倍増します。オンライン英会話では、自分から使いたい教材を提案できます。例えば以下のレアジョブ英会話DMM英会話Cambly(キャンブリー)などでレッスンを受ける際に、事前に、もしくはレッスン中のチャットボックスで先生にリンクを送れば、それを使って会話練習できます。

私は初めてのオンライン英会話でレアジョブを選びました。そして上にも書いたように300以上、週5回くらいのペースで会話練習しました。そのときはレアジョブが提供するニュース記事(Dialy News Article)を使って、英語のニュース記事が学習に有効であることを知りました。レアジョブのメリットはとにかく安い!毎日25分レッスンを受けても月々6000円程度。量をこなしたい方は是非レアジョブで無料体験レッスンを試してみてください。

  • DMM英会話(以下のリンクから無料体験可能

DMMもレアジョブ同様、低価格(6000円程度)で毎日25分の英会話ができます。その点はレアジョブと同じなのですが、DMMの売りは使いやすさと有料英語学習アプリが入会後には無料で使える点です。まず、使いやすさの点では英会話中、テキストのマーカー部分をリアルタイムに先生と共有できたり、アプリに関しては会話時間以外もDMMテキストと同期させた単語帳を利用できたり、かなり満足度は高いです。体験レッスンは無料ですので、まずは試してみましょう。

キャンブリー はネイティブと会話できるので、少し英会話になれてきた方には特におすすめです。実際、私はレアジョブで300回レッスンを受けた後でもネイティブとの会話で難しさを感じたので、キャンブリー に切り替えてネイティブとの英会話を通してリスニング、言い回しを勉強しています。

Cambly(キャンブリー )の体験記事はこちら の記事に書きました。上に書いたネイティブと会話できることはもちろん、予約不要で会話がスタートできるのでスキマ時間を有効活用できるのもレアジョブやDMMにはない優れた点です。

blog012.ooenoohji.com

いずれのオンライン英会話も無料体験レッスンが用意されているので、上のリンクから申し込んで見ましょう。この3つのサービスで体験するだけでも結構(数時間分?)会話できますよね。

まとめ

本記事では初心者から読める英語ニュースサイトを紹介させていただきました。実際にはもっとたくさんあると思いますが、自分が実際に使って良かったものだけを厳選して紹介しました。本記事がみなさんの日々の英語学習の役に立てれば幸いです。