英語論文・レポート・メールの書き方 - 使える英語表現・フレーズ集 -

社内報告書や技術論文,Eメールなどで使える便利な英語表現・熟語,書き方や作法を書き留めていくブログ

【勉強法】初心者必見!英語レベルを変えて読めるニュースサイト「News in Levels」【音声付き】

f:id:ooenoohji:20200511185608j:plain

英語学習に最適「News in Levels」

私は日課として、英語のニュースサイトを読むようにしています。ただしそれはCNNなどの本格的なニュースサイトだけでなく、勉強用に「教材としてのニュース記事」も読んでいます。例えば以前、本ブログでも紹介したレアジョブやDNNが毎日アップしているニュースサイトです(本記事の後半で紹介します)。

そんな中、先日、とても勉強に使えそうなニュースサイトを見つけました。その名も『News in Levels

www.newsinlevels.com

なんとこのサイト、同じ内容の記事を3つのレベル(初級・中級・上級)で読むことができるのです。さらに音声も付いているのでリスニングやシャドーイングなどにも使うことができます。

それではその「News in Levels」を紹介していこうと思います。

英語習得のためにニュースを読もう

英語の文法や英単語帳を使ったボキャブラリーの強化はもちろん大切です。ですが、実際に英語を使って会話をするとき、時事ネタや自分の国のことを話す機会が多いです。ビジネスシーンもそう、全ての会話は仕事の話というわけではないので、プレゼンの始まる前の雑談であったり、一緒にコーヒーを飲むときなど、時事ネタやそれに対する意見は必ず話す場面がやってきます。

ですので、英語で書かれた(できれば海外発の)ニュースサイトを読むことをおすすめします。これによって、自分がすでに知っているニュースでも英語ではどのように表現するのかがわかるし、さらにボキャブラリーも増えます。教科書だけにとらわれず、このようなニュースサイトを使って勉強すれば、より実践的な英語学習が行えると言えます。

英語のニュース記事を読むのって初心者には難しのでは?

私は以前、「英語でニュース記事読むの、かっこいいけど難しそう」と思っていました。実際、CNNの記事を読むのは難しいです(私自身、今でも辞書を片手に読んでいます)。単語は難しいし、言い回しも聞きなれないものばかり。読み始めるとすぐに嫌になってしまう、そんな経験はないでしょうか?

そんなあなたに救世主となる「News in Levels」

ですが、そんなところに救世主となるサイト「News in Levels」を見つけました。このサイトの何が良いかというと、まず

同じ記事をレベルを選んで読める

f:id:ooenoohji:20200511191554j:plain

News in Levels の記事の例

一番の売りとしてあげられる点は、同じ記事をレベル(初級・中級・上級)と選んで読めるというところです。 上の画像がNews in Levels内の記事の例なのですが、青い「Level 1」, 「Level 2」, 「Level 3」という3つのボタンが見えると思います。これはそれぞれ、

  • Level 1 = 初級
  • Level 2 = 中級
  • Level 3 = 上級

を意味しており、同じ内容の記事ですが、この選択によって記述が変わります。例えばこの記事のLevel 1では以下のような記述になります。

Level 1(初級)の記述例

Student around the world must stay at home. They cannot go to schools. The reason is the coronavirus. School are closed.

Schools cancel graduation ceremonies. A graduation ceremony is a special event for students. It happens when students finish their school. Students and families come to the ceremony. Students get diplomas.

Level 2(中級)の記述例

次にLevel 2はこちら

Many schools worldwide are having online classes, and they have canceled graduation ceremonies. The reason is the coronavirus. Students must stay at home, and it is not possible to hold big events with too many people.

Level 3(上級)の記述例

最後に、Level 3を見て見ましょう

Due to the coronavirus pandemic, many schools have moved classes online and they canceled tradition graduation ceremonies.

Barack and Michelle Obama are planning a virtual graduation ceremony for those who cannot walk across the stage this spring.

これらを比べてみると、Level 1は簡単な構文、簡単な表現を使い、一文一文が短いですよね。それに対してLevel2、Level 3は様々な英語表現を用いて、さらに単語自体も難しくなります。

 

【スポンサーサイト】

自分のレベルに合った英語記述を選択できる

これを使えば、自分に合ったレベルの教材を簡単に選ぶことができるし、また、同じ記事の違うレベルを読んで、違う言い回しを学ぶこともできます。英語初級者の方も、少し難しい表現に挑戦してみようとモチベーションがあるときは、初級から中級、上級へと同じ記事を段階的に読み進めてみてもよいと思います。とにかく良い教材です。

オンライン英会話との相性も良い

私は以前、本ブログで、オンライン英会話でニュース記事を用いていると書きました。例えば以下のレアジョブ英会話DMM英会話のサイトです。

blog012.ooenoohji.com

blog012.ooenoohji.com

これらは本当に良い教材で、今でも使っているのですが、いかんせんレベルが固定されています。 自分に合っているならよいのですが、合っていないと難しかったり、簡単すぎたりします。

その点で、本記事で紹介している「News in Levels」は興味のあるニュース記事に対して、自分の英語レベルを合わせることができるので、オンライン英会話との相性が良いと言えます。

自分からオンライン英会話の先生に提案しよう

オンライン英会話では、自分から使いたい教材を提案できるので、以下のレアジョブ英会話DMM英会話Cambly(キャンブリー)などでレッスンを受ける際に先生にリンクを送れば、それを使って会話できます。レベルに合った記事を読解して、オンライン英会話の先生と議論までできれば、一番効率の良い、実践的な英会話習得の方法と言えるのではないでしょうか?

私は初めてのオンライン英会話でレアジョブを選びました。そして300以上、週5回くらいのペースで会話練習しました。そのときはレアジョブが提供するニュース記事(Dialy News Article)を使って、英語のニュース記事が学習に有効であることを知りました。レアジョブのメリットはとにかく安い!毎日25分レッスンを受けても月々6000円程度。量をこなしたい方は是非レアジョブで無料体験レッスンを試してみてください。

  • DMM英会話(以下のリンクから無料体験可能)

DMMもレアジョブ同様、低価格(6000円程度)で毎日25分の英会話ができます。その点は同じなのですが、DMMの売りは使いやすさと有料英語学習アプリが入会後には無料で使える点です。まず、使いやすさの点では英会話中、テキストのマーカー部分をリアルタイムに先生と共有できたり、アプリに関しては会話時間以外もDMMテキストと同期させた単語帳を利用できたり、かなり満足度は高いです。体験レッスンは無料ですので、まずは試してみましょう。

キャンブリー はネイティブと会話できるので、少し英会話になれてきた方には特におすすめです。実際、私はレアジョブで300回レッスンを受けた後でもネイティブとの会話で難しさを感じたので、キャンブリー に切り替えてネイティブとの英会話を通してリスニング、言い回しを勉強しています。

Cambly(キャンブリー )の体験記事はこちら の記事に書きました。上に書いたネイティブと会話できることはもちろん、予約不要で会話がスタートできるのでスキマ時間を有効活用できるのもレアジョブやDMMにはない優れた点です。

blog012.ooenoohji.com

いずれのオンライン英会話も無料体験レッスンが用意されているので、上のリンクから申し込んで見ましょう。この3つのサービスで体験するだけでも結構(数時間分?)会話できますよね。

ニュース記事の読み上げ(音声再生機能)もついている

ニュース記事の音声が付いている点もすばらしいですね。ニュース記事や本などは自分のペースで読める一方で、ネイティブのテンポ、リズム、発音を身につける術がありませんでしが。しかし、このNews in Levels はニュース記事の下に音声を録音したYouTubeが埋め込まれているので、再生ボタンを押せば簡単に聞くことができます。

f:id:ooenoohji:20200511194045j:plain

News in Levelsの音声Youtube

ニュース記事のすぐ下にこの画像のようなYouTubeが埋め込まれています。真ん中の再生ボタンを押せば、ページを変えることなく音声を再生できます。

まとめ

本記事では英語学習にとても良い無料オンライン教材・News in Levelsを紹介しました。日々の英語学習にはニュース記事を読むのはとても良いことですが、以前はその難易度が自分に合わないことがあるという課題がありました。その点、このNews in Levelsは自分に合ったレベルの記述を選べるので、是非、日々の学習やオンライン英会話で使って見てください。