英語論文・レポート・メールの書き方 - 使える英語表現・フレーズ集 -

社内報告書や技術論文,Eメールなどで使える便利な英語表現・熟語,書き方や作法を書き留めていくブログ

「~の観点から、~に関して」の英語表現 in terms of ~ 【使い方・例文】

f:id:ooenoohji:20200523015513j:plain

「〜の観点から、〜に関して」の英語表現

何かを評価するとき,具体的な何かについて意見するとき,「技術的な観点から言わせてもらうと・・・」なんていう場面,多いですよね.そんなときに便利な表現を紹介します。

  • in terms of ~
    ~の観点から、~に関して

ちなみにこの in terms of は論文やレポートなどの堅い文章に限らず、メールなどカジュアルな場面でも使えます。例えば、「案件Aに関して、〜〜〜」といった文章をメールで書くときは「In terms of A, ... 」とすることができます。

以下、例文と簡単な解説を紹介します。

in terms of を用いた 例文

[例文1]

in terms of technology 
技術的な観点から(技術に関して)

[例文2]

in terms of citizenry 
庶民の観点から(庶民の言葉で言うと)

[例文3]

In terms of economy status, Japan has a lot of problems which do not come into the open.
経済状況にかんして、日本は表面化していない問題がたくさんある

[例文4]

In terms of culture, European countries are completely different from America.
文化の面から見ると、ヨーロッパ諸国とアメリカは完全に異なる

上記のように,「~の観点から,~に関して」といったニュアンスで使うことができます.当然ですが,この表現を使うことによって,自分が何に注目しているのか,何に関して意見しようとしているのかが明確になるため,相手がより理解してくれるようになります.この表現などによる「スコープ」を明確にすることは、伝わりやすさが格段に向上するので是非使いましょう。

 

【スポンサーサイト】

文頭以外でも使える

それから使い方ですが、例文では文頭に「in terms of ~」を持ってきています。これは特に文頭でなければいけないというわけではないのですが、上述した「スコープを明確にする」のは文頭のほうが親切かなと思い、上のような例文を挙げました。口頭で使うときは特に、文頭で使うほうが良いと私は思います。

 同じ意味の違う表現

また,同じ意味の違うフレーズとして以下の表現が挙げられます。

- from the aspect of ~

- from ~ point of view

blog012.ooenoohji.com

こちらのほうがやや堅いイメージがあるので,(外部の人に見せるような)論文やレポートで使うときはこちらを使っても良いかもしれませんね.

まとめ

この表現は論文・レポートに加えて,ディスカッションの場(口頭)やメールでも使います(日本語でディスカッションしても「~に関して」はたくさん使いますよね).必ず覚えて,自分の意見を正確に伝えましょう.