読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

英語論文・レポート・メールの書き方 - 使える英語表現・フレーズ集 -

社内報告書や技術論文,Eメールなどで使える便利な英語表現・熟語,書き方や作法を書き留めていくブログ

英文メールでの「よろしくお願いします」

メール

日本語でメールをするとき,決まったように,最後は「よろしくお願いします」を使いますよね.そのせいか,私は英語でメールを書くとき,この「よろしくお願いします」をどのように表現したらいいか,よくGoogle先生に聞いてました(笑)

そこで出た答えは,「場合によって言い方が違う」ということです.日本語の,よろしくお願い致しますはとても広い意味で,裏を返せばとても曖昧です.何を,どのようにお願いしますなの?と疑問を持ちませんか?英語ではもう少し具体的にお願いする言い方になります.

例えば,

 

【スポンサーサイト】

 

何かを依頼したとき

  • Thank you in advance
  • Thanks in advance (TIAと略されることもある)

何かを依頼・お願いしたとき,例えば「会議の参加可否をメールで教えていただけませんか?」といったとき,その依頼メールの最後は,これから相手にとってもらう行動に対して感謝を述べるので「in advance」を付けます.

また,

  • I would be grateful for your help
  • I am looking forward to ~

なども使えます.あなたの協力を期待していますとか,あなたとのコラボレーションを楽しみにしていますといった意味合いです.

さらに,主語を変えて

  • Your help would be very appreciated

などとも言えます.

 何かしてもらったとき

  • Thank you for your help
  • Thank you for your kind cooperation

何かしてもらったこと,例えば協力してもらったときなどに使う表現.文の頭にもってきても良いですね(Dear ~,の後).

また,何かしてもらって,引き続き支援をお願いするときは

  • Thank you for your continued cooperation

などと言います.

日本的な「よろしくお願いします」

文頭で,英語のほうが具体的に,何を,どのようにお願いしますなのか伝えるということを言いましたが,やはり英語にも広い意味での「よろしくお願いします」はあります.文末で以下のように書きます

  • Most sincerely
  • Yours very sincerely

もちろん,以前の記事で紹介した,Best regards, Sincerelyも使うことができます.

これらの表現になれて,スラスラ英文メールを書けるようになりたいですね.