英語論文・レポート・メールの書き方 - 使える英語表現・フレーズ集 -

社内報告書や技術論文,Eメールなどで使える便利な英語表現・熟語,書き方や作法を書き留めていくブログ

以下,~と呼ぶ:hereinafter called ~ (referred to as ~)【英語テクニカルライティング】

f:id:ooenoohji:20200511181302j:plain

「以下〜と呼ぶ」の英語表現

論文・レポート独特の表現として、略語を使う場合に

「(以下,~と呼ぶ)」

というものがありますよね。具体的な例としては

「Non Govemmental Organization(以下、NGOと呼ぶ)」

などといった表現です。

論文を書いたり読んだりした人なら一度は目にしたことがあると思います。この表現ができるだけで、以下のメリットがあります。

  • 長い表現を短い略語に置き換えることができる
  • その表現を、文章の中で「重要なもの」と読者に認識させることができる

 本記事ではその便利な表現の「英語での言い方」を紹介します。

 

論文で頻出の「以下、〜と呼ぶ」という英語表現

「以下、〜と呼ぶ」という英語表現は以下のようになります。

  • hereinafter called ~ (referred to as ~) 
    以下,~と呼ぶ

論文やレポートで使用する場合は、略す前の名称を書いて、その後に上記の表現を付けます。

 

以下、hereinafterを用いた例文を紹介します。

 

hereinafter を使った例文、使い方

[例文1]

This "manzai" duo is "Black Mayonnaise" (hereinafter, this is called "BlaMayo").
この漫才コンビブラックマヨネーズ(以下,ブラマヨと呼ぶ)です

 

[例文2]

In this system, the core technology is "Deep Learning" (hereinafter, this is called "DL").
このシステムにおけるコア技術はディープラーニング(以下、DLと呼ぶ)です

 

例文(this is を省略したバージョン)

ダブルコーテーション「”A”」は付けても付けなくてもよいです.こんな感じで使います.また"this is"を省略して

- This "manzai" duo is "Black Mayonnaise" (hereinafter called "BlaMayo").

- The core technology is "Deep Learning" (hereinafter called "DL")

としても良いです。こっちのほうがすっきりしていていいですね。

 

【スポンサーサイト】

 

他の表現(refer to ~ as ...)を使った例文

他の例文として,「refer to ~ as ・・・」を使って以下のような文をつくることもできます。

 

[例文3]

This "manzai" duo is "Black Mayonnaise" (hereinafter, referred to as "BlaMayo").
この漫才コンビブラックマヨネーズ(以下,ブラマヨと呼ぶ)です

これも同じ意味になります.「refer to ~ as ・・・」の使い方は以下のページに記載されています.

blog012.ooenoohji.com

 

まとめ

論文ではよく見る表現ですし,これが使えればあなたの論文もグッと「論文らしく」なると思います.是非使ってみましょう.