英語論文・レポート・メールの書き方 - 使える英語表現・フレーズ集 -

社内報告書や技術論文,Eメールなどで使える便利な英語表現・熟語,書き方や作法を書き留めていくブログ

【数式に便利】denote:(記号、式は) ~を意味する

f:id:ooenoohji:20200509213254j:plain

数式に便利な「denote = 〜を意味する」

AはBを意味する,説明文には必ず使う表現だと思います.そういった文章を書くとき便利な「denote」という単語を紹介します.私は良く数式を含む論文を読んだり書いたりするのですが、denote はそのときに良く見る単語の一つです。

さらに、このdenoteは能動態でも受動態でも使える便利な単語です、ですので是非意味を理解するだけでなく、自分で使えるようになりましょう。

  • denote
    ~を意味する

  • be denoted by(as) ~
    ~で表される

以下、例文を紹介します。

denote を用いた例文

[例文1]

The existance of ourlier denotes a failure of experiment.
外れ値の存在は実験の失敗を意味する

[例文2]

The maximum volume of A in that area is denoted as Vmax.
その空間におけるAの最大体積はVmaxで表される

[例文3]

The function is denoted by f(x).
その関数はf(x)で表される

例文のように、受動態のときは「by」や「as」を一緒に用います。

 

【スポンサーサイト】

数式を扱うときには重宝する表現

論文やレポートで数式を使うときなどにとても便利です.例文3にあるように数式中の記号や略語を説明するときはこの表現「denote, be denoted by(as)」を使うことができます。

他の例としては、例えばAを含む数式を説明するとき、その式の下に以下のように書き加えます。

[例文4]

y = Ax ・・・(1)

 

A denotes a set of parameters determined by the machine learning method.
Aは機械学習によって決定されたパラメータの集合を表す

主語は式・記号・サインなど、「人」は用いない

注意事項としては、denote の主語に「人」は用いないことです(少なくとも私は見たことがありません)。denoteの意味としては「〜を意味する」なので、人も使えそうですが、主語としてつかわれるのは式、記号、サインなどの無生物ですので注意してください。

ネットに以下のような例文を見つけました

[例文5]

His smile denotes that he agrees.
彼のスマイルは了解を意味する

これはスマイル=サインなので、OKです。

まとめ

科学論文・レポートの執筆とは切っても切れない表現の一つなのでしっかりマスターして,特に数式など,筆者にわかりやすく説明しましょう.