英語論文・レポート・メールの書き方 - 使える英語表現・フレーズ集 -

社内報告書や技術論文,Eメールなどで使える便利な英語表現・熟語,書き方や作法を書き留めていくブログ

「~の前に、後ろに」の英語表現:ahead of、 behind

f:id:ooenoohji:20200513234731j:plain

「〜より前に、〜より後ろに」の英語表現

本記事では、順番になっているものを表現するとき、例えば
「~の前に位置している」、
「~よりも後ろの順位である」
などと記述したいときに使う英語表現を紹介します。

  • ahead of
    ~の前に

  • behind
    ~の後ろに

例文としては,以下のようなものが挙げられます。

ahead of、behind を用いた例文

[例文1:ahead of を用いた例]

A company tried to employ the technology ahead of others.
A社は他社に先立ってその技術を採用しようとした

[例文2:behind を用いた例]

We are behind in technology.
我々は技術面で遅れをとっている

[例文3:ahead of と behind 両方を用いた例]

As of last year, GDP of China places second among top countries, behind US and ahead of Japan.
去年の時点で,中国のGDPアメリカの後,日本の前の世界の2位に位置している.
(1位:アメリカ,3位:日本) 

ahead of で「優位に立つ」という意味もある

また,ahead ofで「優位に立っている」という意味を持つこともできます.

[例文4]

Google is ahead of any other companies in AI (Artificial Intelligence) field.
グーグルは他の会社よりも人工知能分野で優位に立っている

(時間的に)「~より前・後ろ」という意味もある

時間的に~より前に、~より後にという意味もあり、日常的なシーンでも使うことができます。

[例文5]

He arrived at station ahead of time.
彼は予定よりも早く駅についた

予定より早く、予定より遅れているの表現

[例文6]

We finished the tasks ahead of schedule.
我々は予定よりも早くそのタスクを終えた

[例文7]

They get behind schedule.
彼らは予定よりも遅れている

まとめ

比較するとき、特に「~よりも前、後ろ」といった具体的な情報を盛り込むときにとても便利な表現なので是非覚えましょう。また、時間的に前・後ろといった使い方もできます。私はよくスケジュール管理のときにこの表現を使います。つまりビジネスシーンでも良く出てくる表現です。