英語論文・レポート・メールの書き方 - 使える英語表現・フレーズ集 -

社内報告書や技術論文,Eメールなどで使える便利な英語表現・熟語,書き方や作法を書き留めていくブログ

use以外の「有効に利用・活用する」の英語表現:leverageとutilizeの意味・違い

f:id:ooenoohji:20200515214804j:plain

「有効に利用・活用する」の英語表現

本記事では、「(有効に)利用・活用する」という英語表現を紹介します。

具体的には、論文やレポートにおいて、

  • あるデータをマーケティングに活用したい
  • 従来の手法Aを本実験に利用したい

などと言いたいときに使います。

 

もちろん、useでも意味は伝わるのですが、

  • より(有効に)活用するというニュアンスを強めるため、また、
  • よりフォーマルな表現にするために、

以下の単語を使うことが多いです

 

  • leverage 
    ~を利用・活用する

  • utilize 
    ~を利用・活用する、役立たせる

以下、それぞれの例文と違いを紹介します。

 

leverage を使った例文

[例文1]

The system leverages machine learning technique for accurate classification.
そのシステムは精度の高い識別のために機械学習技術を用いている

 

[例文2]

Recent deep learning leverages GPU to reduce computation time.
最近のディープラーニングは計算時間を削減するためにGPUを利用する

 

[例文3]

The company A leverages a cooperative relationship with company B.
その会社Aは会社Bとの親密な関係を活用している

utilize を使った例文

[例文4]

We utilize gradient descent as a means to decrease error.
我々は誤差を減らす手段として最急降下法を利用する

[例文5]

We should utilize recyclable energy as much as possible for eco.
我々はエコのために再生可能エネルギーをできるだけ活用するべきである

 

[例文6]

Most of the recent business models utilize SNS.
近年のビジネスモデルはSNSを活用するものが多い

 

【スポンサーサイト】

 

leverageとutilizeの違い

leverage と utilize に意味の違いがあるか、気になったので調べてみたところ、以下のような情報を見つけました。

leverageは小さいものを大きくする活用する

utilizeは効率的に活用する

結構わかりやすかったので参考にさせてもらっています。

leverageに関しては、日本語の文章の中でも、あるものを大きくする場合に「レバレッジを利かす」などと使ったりしますよね。

utilizeは「効率的に活用する」ということで、「使う」と訳すよりも「利用する」というニュアンスに近いです。言い方もuseよりも丁寧な印象があるため、論文やレポートで重宝されることが想像できるのではないでしょうか。

 

まとめ

上にも書きましたが、本記事で紹介した leverage や utilize は use よりも、「(有効に)活用する」という意味合いを含むため、技術論文や社内レポートに向いていると言えます。

言い回しとしてもuse よりも論文調であるため、是非これらの単語を覚えて「活用」したいものです。