英語論文・レポート・メールの書き方 - 使える英語表現・フレーズ集 -

社内報告書や技術論文,Eメールなどで使える便利な英語表現・熟語,書き方や作法を書き留めていくブログ

「~の代わりに,~を代表して」の英語表現:(in / on) behalf of【意味・使い方】

f:id:ooenoohji:20200514012356j:plain

「〜の代わりの、〜の代理として」の英語表現

本記事では会社内のレポート等でよく使う表現「~の代わりに,~の代理として,~を代表して」を紹介します。私自身、海外赴任時にレポートを書くときに、「A社を代表して○○がプロジェクトに参加しました」といった文章をよく書きました。

  • (in / on) behalf of ~ 
    ~の代わりに、~の代理として、~を代表して

以下、例文を用いて具体的な使い方を紹介します。

(in/on) behalf of ~ を用いた例文

[例文1]

On behalf of A company, we particiated the conference.
A社の代表として,私たちはその会議に参加しました

[例文2]

On behalf of the graduate class 2016, I will make a short speech. 
2016年の卒業生代表として,私は短いスピーチをする予定です.

[例文3]

In behalf of this service team, we thank all our developers for supporting us.
サービスチームを代表して、我々を支えてくれた全ての開発者に感謝します

 

【スポンサーサイト】

「~のために、~の利益になるように」という意味もある

辞書を見てみると、(in/on) behalf of ~には「~のために、~の利益になるように、~に利するように」という意味もあるようです。使い方としては以下のような例があげられています。

[例文4]

In behalf of charity, we went to Hiroshima for holding a music live.
慈善の意味で、我々はライブを行いに広島へ行った

類似表現

意味が似ている他の英語表現としては以下のものが挙げられます。

  • instead of ~
  • as the representative of ~
  • as the agent of ~

出展:DUO 3.0

DUO 3.0

DUO 3.0

 

まとめ

会社内レポート等,少しオフィシャルな場面でよく使われる表現です.特に自分の経験から,「~を代表して」という表現はよく使いました.また,前置詞はinもonも使えるようですが,onを使うことのほうが多いようです.特に、「英国ではonが用いられる」と書かれている辞書を見ました。迷ったらonを使えということでしょうか。