英語論文・レポート・メールの書き方 - 使える英語表現・フレーズ集 -

社内報告書や技術論文,Eメールなどで使える便利な英語表現・熟語,書き方や作法を書き留めていくブログ

【英語で何て言う】集合:"∈"、"∋"の英語での言い方【数学記号】【数式】【プレゼンテーション】

本記事は数学の記号、集合で用いる"∈"、"∋"の英語での言い方を紹介します。論文やレポートでは数式で出てくるので意味さえわかれば英語で言う必要はないのですが、国際会議などプレゼンテーションでは口頭で説明する必要も出てきます。ですので英語での言い方を覚えましょう。

まず丁寧な言い方を紹介、以下のように言います。

  • α ∈ A 
    The element α is a member of the set A.

  • A ∋ α 
    The set A contains the element α.

以下、この記号の意味と、別の英語表現を紹介します。

 

【スポンサーサイト】

集合で用いる記号:"∈"、"∋"の意味

"∈"、"∋"の記号の意味はそれぞれ以下の通りです

  • α ∈ A :要素αが集合Aに属する
  • A ∋ α :集合Aは要素αを含む

意味としては同じですが、右辺・左辺の順番を考慮して、書き方を変えました。二つとも「要素αが集合Aに含まれる」という意味になります。

他の言い方

上で紹介した言い方以外にも、他の英語表現が存在します。例えば以下のような言い方があります。

α ∈ A

- α is a member of A.

- α is in A.

- α belongs to A

A ∋ α

- A includes α.

集合を意味する「set」や要素を意味する「element」は省略可です。

Twitterでも論文・プレゼンで使える英語表現をつぶやいています

私のツイッターアカウント(@eng_paper_repo)でも英語表現をつぶやいています。特に私が英語を使うシチュエーション、論文・レポート執筆、プレゼンテーション、Eメールで用いる英語表現を中心に発信していますので、興味のある方は是非フォローしてください。

 

まとめ

数学を用いる方で、プレゼンの機会がある方は是非覚えたい表現です。これからも数学記号の英語表現に関する記事を増やしていく予定なので、読んでいただけたら幸いです。