英語論文・レポート・メールの書き方 - 使える英語表現・フレーズ集 -

社内報告書や技術論文,Eメールなどで使える便利な英語表現・熟語,書き方や作法を書き留めていくブログ

restrict ~ to … : ~を…に限定(制限)する【意味】

本記事では、実験条件や,ある機能の説明などで用いる「(~を…に)限定・制限する」という英語表現を紹介します。単語としては「restrict」を使います。

  • restrict ~ to ・・・ 
    ~を…に限定(制限)する

例文は以下のようになります。

 

【スポンサーサイト】

restrict ~ to ... を用いた例文

- The network engineer restricts access to authorised users.
そのネットワーク技術者は許可されているユーザにだけアクセスを制限している.

- He restricts his smoking to 5 cigarettes a day.
彼はタバコを一日5本に制限している.

- He restrictes alcohol to once a week
彼はお酒を週に1度に制限している

注意:「...への~を制限する」という意味でも使える

上の例文では、「to」の後には制限された後の許容された人・物・量などが書かれていましたが、「~」にもってくる単語によっては意味が若干変わってきます。例えば 「access to ... = ...へのアクセス」を用いると以下のような例文を作ることができます。

- The network engineer restricts access to unnecessary information.
そのネットワーク技術者は不必要な情報へのアクセスを制限している

この場合、「restrict ~ to ...」の構文ではなく、restrict + 「access to」という形になります。一番最初に挙げた「restricts access to authorized users」との違いをお分かりいただけましたでしょうか?最初の例文では「許可されているユーザだけにアクセスを制限している」という意味であり、全く意味が異なってきます。

ちょっと意味を混同しやすいので注意しましょう。

まとめ

論文・レポートはもちろん、英語でのユーザガイド執筆時やメールなどでも使える表現です。ただし、上に書いた注意点、気を付けてください。意味が全く異なるので、読み手が混乱するかもしれないと思ったら別の言い回しを見つけるのが吉です。