読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

英語論文・レポート・メールの書き方 - 使える英語表現・フレーズ集 -

社内報告書や技術論文,Eメールなどで使える便利な英語表現・熟語,書き方や作法を書き留めていくブログ

「~に関して」の英語表現(regarding, concerning...etc)

メール 会話 論文・レポート

「~に関して」という表現は論文でもレポートでも,ビジネス会話の中でも,本当に,本当によく使いますよね.今日はその言い方を紹介します.

まず,「~に関して」の英語表現を箇条書きにすると,

 

【スポンサーサイト】

 「~に関して」の英語表現

  • regarding ...
  • with[in] regard to ...
  • as regards ...
  • concerning ...
  • with[in] respect to ...
  • as for[to] ...
  • in[with] reference to ...

段落が変わって,冒頭,「~に関して」で始めるときなどは以下のように書きます.この表現に筆者は本当にお世話になってます(笑)

- Regarding A, ...
Aに関して,・・・

もちろん,concerningなどで置き換えてもよいです.論文,レポートに限らず,会話の中やEメールで大活躍します.

 複数のパターンを覚えて,バリエーションを持とう

上記のように,幾通りか言い方があるので,複数覚えてバリエーションを持っておくと長い文章を書くときなど単調にならず,印象がよくなります.

 まとめ

上にも書きましたが,私はこの表現には本当にお世話になっています.特に最近は英語でメールのやりとりをすることが多いのですが,そこで大活躍!例えば,以下のように使ったりします.

Dear Mike,

Thank you for yesterday.
The report you gave me will be very useful for us.

Regarding the report, I have a question...

(訳)

マイク,

昨日はありがとう.

昨日君がくれたレポートはとても役に立つよ

(ところで),そのレポートに関して一つ質問があるんだけど・・・

 

こんな感じで,話の本題に入るときによくregarding を使います.また,例えば相手にAとBに関して(二つ)質問されたとき,「Aに関しては~,Bに関しては~」などとAかBかを限定して一つずつ答えていくときにも使います.このあたりは後日,例文をもってまた説明したいと思います.

いずれにしてもかなり使える表現ですので,必ず覚えて正確に伝わる,読みやすい文章を書けるようになりましょう.