英語論文・レポート・メールの書き方 - 使える英語表現・フレーズ集 -

社内報告書や技術論文,Eメールなどで使える便利な英語表現・熟語,書き方や作法を書き留めていくブログ

【例文付き】in essence : 実質的には、要するに【意味】

特にビジネスシーンや少しかしこまったシーンで話すとき「実質的には~」といった、ややかたい表現を使ったことはないでしょうか?私はプレゼンのときや、論文・レポートを書くときなどに良く使います。

本記事では、その「実質的には~」という意味を持つ『in essence』という英語表現を紹介します。

  • in essence 
    実質的には、要するに

以下、使い方を例文を用いて説明します。

 

【スポンサーサイト】

in essence を用いた例文

- In essence, they said same idea though the ways of saying were different. 
言い方は違えど、本質的には、彼らは同じことを言っていた

- In essence, however, this technology cannot change human life.
しかし、本質的には、この技術は人々の生活を変えることはできない

- Car is in essence transportation device.
自動車は本質的には移動手段である

「要するに」という意味でも使える

それまでに話した内容を受けて、「本質的には→(まとめると)要するに」という訳し方もできます。使い方は同じで、例文としては以下のようになります。

- In essence, you can do everything at home by using internet.
要するに、インターネットを使えば家でなんでもできるってこと

Twitterでも英語表現を発信しています

私はツイッター(@eng_paper_repo)でも日々、英語表現を発信しています。興味のある方、ツイッターを使って英語を勉強している方は是非フォローしてください!

まとめ

口語(日本語)では良く使う表現だと思うので、この「in essence」という英語表現はとても役に立ちます。特に、文頭で置けるので非常に使いやすいです。仕事や論文・レポートで英語を使う方は特に、覚えましょう!