英語論文・レポート・メールの書き方 - 使える英語表現・フレーズ集 -

社内報告書や技術論文,Eメールなどで使える便利な英語表現・熟語,書き方や作法を書き留めていくブログ

【勉強法】DMM英会話のデイリーニュースがリーディングとボキャブラリアップに使える!

少し前から話題のオンライン英会話。今や月額5000円程度で毎日レッスンが受けられる時代。そんな格安オンライン英会話の代表格はRarejob(レアジョブ)とDMM英会話ですが、本記事ではDMM英会話が提供している教材「デイリーニュース」を紹介したいと思います。

このデイリーニュース、リーディングとボキャブラリーアップにめちゃめちゃ使えます。これを毎日読んだらTOEICの点数アップはもちろん、大学や会社で英語の論文・レポートを読み書きする人にとってもかなりの効果が得られると思います。

DMM英会話 デイリーニュース教材 | DMM英会話が送るニュース教材、毎日更新!

ではどんな教材なのか、もう少し具体的に見ていきましょう。

 

【スポンサーサイト】

毎日更新される英語のニュース記事 

毎日、以下のサイトで更新されている英語のニュース記事の教材です。

DMM英会話 デイリーニュース教材 | DMM英会話が送るニュース教材、毎日更新!

ざっくり言うと、一般的なニュースサイトの記事の内容を短く要約したものだと思ってください。長さは(読み手のスキルに依りますが)5分程度で読むことができます。

 内容としては時事ネタですが、分野は政治からテクノロジーまで多岐に渡っていて、全然飽きません。私は英語の勉強だけでなく、書かれている内容にも興味を持つことが多く、そういう面でも勉強になっています(笑)

重要な単語がまとめられている

サイトを見るとわかるのですが、『Vocabulary』として、その記事に出てくる重要な単語が文頭に羅列されています。こうして特定の単語が強調されているとボキャブラリを増やす観点からすごく勉強しやすいですよね。

さらに、この単語の意味は英語で書かれています。これもとても勉強になります。外国人と会話していて、言いたい意味の単語が出てこないとき、簡単な単語を使って意味が伝わるように説明します(こういった場面に会われた方は多いと思います)。そのときに役に立つのが「(簡単な単語で)言い換えるスキル」、英単語の意味を英語で書いてあるこの教材はそのスキルを磨くのにもってこいだと私は思います。最初は慣れないかもしれませんが、英語による説明で理解するようにがんばってみましょう(当然、わからなければGoogle先生に聞けば日本語訳に辿りつけますのでご安心を)。

QuestionsとDiscussionが飛躍的に英語力を伸ばす

今までにもたくさんのリーディング教材があったと思いますが、何が足りなかったかって、その内容に関する質疑応答と議論だと私は思っていました。ただひたすらに英文を読んで理解できるようになったとしても、いざ現場に行くと「会話」できない。。英語を使うということは「読む」だけではありません、「話す」スキルが不可欠です。(もちろん「書く」も、ですが)。この教材を使う方は、記事だけ読んで、理解するだけで満足せずに、Questions(質問)とDiscussion(議論)までやってみましょう。これがあなたの英語力を飛躍的に伸ばすことでしょう。

DMM英会話の会員でなくてもニュース記事を読める

そうなんです、特にログインとかを必要としない、普通のサイトにこのデイリーニュースはアップされているので、誰でもアクセスすることができます。無料でこんな教材が手に入るなんて、なんていい時代なんでしょう。ですので、会員でない方も、この教材を使って勉強することができます。

実はRarejobにも同じような教材がある

実はオンライン英会話のライバル会社Rarejobにも同じような毎日更新される英語のニュースがあります。その名も「Dairy news article」。。ほぼ一緒やん(笑)

blog012.ooenoohji.com

 構成もほぼ一緒なので、甲乙つけ難いですが、どっちも良い教材なので、どちらか決めて、毎日読んでみましょう。もちろん両方読めればベストです。

まとめ

内容も文章の長さも、毎日更新される点も、何より無料な点もほんとうにどれをとっても良い教材と言えるので、これは使わない手はないです。