英語論文・レポート・メールの書き方 - 使える英語表現・フレーズ集 -

社内報告書や技術論文,Eメールなどで使える便利な英語表現・熟語,書き方や作法を書き留めていくブログ

【Eメール】相手の都合を聞くときの英語表現

Eメールでアポイントを取りたいとき、相手の都合を聞かなければなりません。本記事ではその時に使える英語表現を紹介したいと思います。代表的な例としては以下のようなものがあります。

  • Do you have time this week? 
    今週お時間はありますか?お時間いただけますか?

  • When will be convenient for you? 
    いつでしたらご都合よろしいでしょうか?

  • Please let me know your preferable time and day 
    あなたの都合の良い日時を教えてください

他にもいろいろな表現があるので以下で紹介したいと思います。

 

【スポンサーサイト】

 相手の都合を聞くときの英語表現

- Are you available sometime next week?
来週お時間ありますか?

- I would like to know when is convenient for you.
あなたのご都合の良い日を教えていただきたいのですが

みなさんご存知だと思いますが「I would like to ~」は丁寧な表現ですので、ビジネスシーンで多用すると思います。ただし、以下の記事で説明した通り、ビジネスシーンだからと言って、今まで仕事をしたことのある人に対してもずっとこの丁寧な表現を使うのは距離を取っているように思われてしまうので、「使いすぎ」に注意しましょう。

blog012.ooenoohji.com

候補日の中から選んでもらう場合

 - Which would be better for you?
(候補日を挙げた上で)どちらのほうがご都合よろしいでしょうか?

- Is there any way that you can adjust to this schedule?
このスケジュールで合わせていただくことは可能ですか?

候補日を挙げてもらう場合

- When will be convenient for you?
いつでしたらご都合よろしいでしょうか?

- Do you have a couple of alternative dates that will be available for you?
ご都合の良い日をいくつか教えていただけますか?

自分の都合を伝える

- I'm available anytime after this Wednesday.
今週の水曜日以降でしたらいつでも大丈夫です

- I will adjust my schedule accordingly.
それ(あなたの都合)に応じてスケジュールを合わせます
※accordingly = それに応じて

- I'm afraid that I'm not available that day.
申し訳ございませんが、その日私は都合が悪いです。

まとめ

メールで都合を聞く、合わせる場面は必ずあります。ですので、上に挙げた表現を使いこなしてスムーズに仕事が進められるようにしましょう。