英語論文・レポート・メールの書き方 - 使える英語表現・フレーズ集 -

社内報告書や技術論文,Eメールなどで使える便利な英語表現・熟語,書き方や作法を書き留めていくブログ

a.k.a ってどういう意味?何の略?

英語の文章を読んでいるとたまに見かける「a.k.a (A.K.A)」、みなさんはこれがどういう意味かご存知ですか?私は知らなかったため、ググってしまいました(笑)。

a.k.aとは「also known as」の略で、「別名、またの名を」という意味らしいです。

  • a.k.a
    = also known as 
    別名、またの名を、通称、~としても知られる

以下にa.k.aを使った例文をいくつか紹介しようと思います。

 

【スポンサーサイト】

a.k.aを使った例文

- The manzai duo "Black Mayonnaise" (a.k.a "Buramayo") won the M-1 grand prix 2005.
漫才コンビブラックマヨネーズ(通称 "ブラマヨ")はM-1グランプリ2005を制した

- Takeshi Kitano (a.k.a Beat-Takeshi) is famous as a movie director in the world.
北野武(またの名を "ビートたけし")は映画監督として世界的に有名である

- Takukya Kimura (a.k.a "Kimutaku") is one of the most famous actor in Japan.
木村拓哉(通称 "キムタク")は日本でもっとも有名な俳優の一人だ

論文やレポートではあまり使わない

インターネットでブログ記事を読んだり、ニュースを見たりすると「a.k.a」という表現はよく見かけますが、論文やレポートなどの堅い文章ではあまり使いません。論文やレポートで「別名、またの名を」と言いたい場合は以下の英語表現を使うとよいと思います。

blog012.ooenoohji.com

blog012.ooenoohji.com

論文やレポートで通称を使う場合は、上の表現を使って、しっかり言葉を定義しましょう。

まとめ

英語論文・レポートで使える英語表現を紹介するブログなのに、それらであまり使わない「a.k.a」を紹介してしまいましたが、ビジネスシーンでも社内のメールなどで使うこともあるし、インターネットで調べごとをしているときもよく目にします。つまり頻出表現ですので是非覚えて、TPOを気にしながら使えるようにしましょう。