【Eメール】 お詫びの英語表現 ~相手によって表現を使い分ける~

今や英語でのメールのやり取りを日常的に行う人も多いはず.そこで大事なのが「お詫び・謝罪」の書き方.仕事にミスはつきもので,問題はその後.その後の関係を両行に保つためにはお詫び・謝罪の表現を間違いなく使いたいですね.そこで本記事では「お詫び・謝罪」の英語表現を紹介します.特に,相手によって(謝罪レベ…